iPhoneを使うならwi-fi利用

バナー

iPhoneを使うならwi-fi利用

スマートフォンを代表すると言えば、iPhoneになるでしょう。

世界中で利用され、日本でも数多くの人がiPhoneを所有しています。
けれども、iPhoneを利用する際、データ通信量を考慮する必要があります。

iPhone6s情報を選ぶ時のポイントを紹介いたします。

現在、LTE回線と呼ばれるものが使われ、以前よりは、高速が見込まれています。けれども、データ量の限界があり、一人一ヶ月7GBまでとなっています。

仮にそれを越えれば、かつてのISDNの2回線並みのスピードとなる128bpsとなり、ブロードバンドではなく、ナローバンドに匹敵するものとなります。

これを回避するには、wi-fiを利用すべきでしょう。
LTE回線を経由せず、光回線を経ることになります。


言換えれば、無線LAN経由でインターネットに繋がるため、LTEの限界量を気にせず使うことができ、しかも、高速であることが見込まれます。

業者によって変わりますが、概ね約500MBのベストエフォートのスピードとなります。

動画などを気楽に見ることもでき、iPhoneの魅力を堪能できるでしょう。

iPhone6sの予約に関する予備知識の情報が満載です。

けれども、光回線を経由するということは、自宅に光回線を引き込む必要があります。

一戸建てであれば、1GBの光回線を利用できます。


最近では、2GBのサービスも登場し、スマートフォンとのセット販売なども行われています。



パソコンとiPhoneの家庭内LANによる通信も可能となり、データ共有などが非常に楽になります。
ただし、特定のソフトが必要な場合もあり、その際には別途インストールする必要があります。