レーザー脱毛の種類について、簡単に説明させていただきます。レーザー脱毛とは、様々な脱毛方法の一つです。黒や茶色の色素にのみ吸収される波長のレーザーを照射することによって、吸収されたレーザーが熱を与え、毛根などを破壊する脱毛方法です。

永久脱毛の初心者向けの簡単な紹介をしているサイトです。

全ての毛の成長周期は同じではないため、複数回に分けて照射して脱毛を行っていくことになります。

レーザー脱毛と言っても、その中にも種類がいくつか存在します。



例えば現在日本で主流として利用されているものは、日焼けをした人や、肌が黒い人には使えない場合があります。
それは、肌のメラニンが反応してしまうためです。その他にも主流となっているもので、肌のメラニンの反応が少ないことから、日焼けをした人などでも使うことができる場合のものも存在します。


主流ではないものの、白人などの脱毛に適したものも存在します。

このレーザー脱毛は、肌のメラニンが吸収しやすい波長のレーザーを用いているため、白人とは違って肌のメラニンが多い傾向にある日本人には、脱毛としては向いていないと言えます。このように、レーザー脱毛と一口に言っても、その機器によって利用できる人が違ったり、得られる効果に若干の違いが生じてくることがあります。

なお、レーザー脱毛は医療機関で行うことになりますが、医療機関には複数のレーザー脱毛機器が置かれている場合があるため、脱毛を行う人の肌などの条件に合わせて、最適なもので脱毛を行ってもらうことができます。





Copyright (C) 2014 レーザー脱毛の種類について All Rights Reserved.